PR

【英国の断層~総選挙2019(上)】離脱問題に“疲弊” 優先は身近な課題

PR

その他の写真を見る(1/3枚)

 英国の総選挙が12日に行われる。欧州連合(EU)離脱を決めた2016年の国民投票から約3年半。ジョンソン保守党政権は「決められない政治」による離脱問題の膠着(こうちゃく)打開を民意に委ねた。再び重大な選択を迫られた有権者はどんな心境で選挙を迎えるのか。現場から報告する。

■ ■

 西部ウェールズの都市レクサム。昼でもシャッターを下ろした店舗が目立つ中心部の通りには、ホームレスが寝そべったり、座り込んだりする光景が広がっていた。バスターミナルの周辺では足元をふらつかせた男性らがおおっぴらに合成麻薬を取引。受け取った男性はその直後、意味不明な奇声を発した。

 「薬物中毒のホームレスが暴れるのは毎日のこと。ゾンビに支配された街のようだ」。バスを待っていた地元の主婦、マレー・ジョーンさん(45)は眉をひそめた。麻薬に限らず、ホームレスによる窃盗や通行人への襲撃も深刻な問題だ。ジョーンさんも襲われそうになった経験がある。

 人口13万人のレクサムは18世紀後半以降の産業革命の時代、石炭の採掘により製鉄業などが栄えたウェールズ北東部の中心都市。だが、ウェールズの経済基盤は現在、イングランドやスコットランドより弱く、1人当たりの国内総生産(GDP)は全国平均以下だ。レクサムも石炭産業の衰退後、目立った産業がない。

その他の写真を見る(2/3枚)

 地元生まれのジョーンさんは夫には数年前に先立たれ、現在は失業中。近くに暮らす長女の仕送りに頼っている状況だ。EU離脱問題を左右する総選挙への思いをたずねると、表情を曇らせ、語気を荒らげた。

 「この街はいつまでも決まらない離脱の行方を気にしている場合ではない」

 レクサムは国民投票で59%の有権者が離脱を支持した。離脱が英国の一段の繁栄につながるとバラ色の未来を描く離脱派の主張に引き寄せられ、ジョーンさんも街活性化への希望を一票に託した。だが、英議会は離脱問題で混迷に陥り、この間、先行きの不透明さのため英国経済は減速。レクサムでは失業者が1・5倍に増加し、「ホームレスも増えた」(ジョーンさん)と失望が広がる。

 失望とともに離脱派への不信も高まった。英国では近年、患者が無料で医療を受けられる国営医療制度「NHS」の財政悪化が問題化。ジョンソン氏らは国民投票前、離脱で浮くEUへの拠出金週3億5000万ポンド(約500億円)を財源にあてると訴えていたが、実際には1億数千万ポンドだと“ウソ”が明らかになった。

 財政悪化の背景には保守党政権下の緊縮財政に伴うNHSへの公的支出の抑制がある。看護師不足などサービス低下には批判が上がり、レクサムでは昨年、敗血症で運ばれた女性が3時間以上待たされ死亡した。

その他の写真を見る(3/3枚)

 選挙戦では離脱問題への曖昧な姿勢を批判される最大野党の労働党が劣勢を挽回するため、予算拡充などNHS対策を公約の中心に据えた。保守党も看護師の増員などを打ち出し、対抗を迫られた。だが、地元の女性医師(57)は「保守党はNHSを軽んじた。信用できない」と断じる。

 ジョンソン氏が議会でEUとの合意に対する承認を得て離脱を実現するには、保守党が過半数の議席を確保することが重要。そのためには国民投票で離脱支持が多数派を占めた労働党の牙城である選挙区をどれだけ制するかがカギとなる。

 レクサムもその一つで、ジョンソン氏は11月下旬に現地に入り、テコ入れをした。ただ、訪れたのは比較的に裕福な層が暮らす郊外の地域。廃れた中心部の住民らは「貧困問題に焦点があてられることを恐れたのではないか」といぶかる。

 ウェールズの地域政党の地元候補は「誰もが離脱問題にうんざりしている」と明かし、ジョーンさんは今回の一票に込める思いをこう語った。「離脱の経済効果を待っていては日々の生活が悪化する。暮らしを着実に改善する政策を示す党に投票したい」

 政治家がロンドンで離脱問題に熱を上げる一方、有権者は身近な課題への現実的な対処を優先する。発展に取り残され、離脱議論に踊らされた地方の街の政治不信は政治家と有権者の間に走る断層を映し出した。(英西部レクサム 板東和正)

この記事を共有する

おすすめ情報