PR

米、露のハッカー組織に制裁 「世界で最も活動的」1億ドルを窃取

PR

 【ワシントン=住井亨介】米財務省は5日、マルウエア(悪意あるソフト)を使って40カ国以上の銀行などから少なくとも1億ドル(約109億円)を窃取したとして、ロシア拠点のハッカー組織「イーブルコープ」など7団体、17個人を制裁対象に指定した。

 同省によると、被害を受けたのは約300の金融機関。イーブルコープは「Dridex」と呼ばれるマルウエアを開発し、侵入先のコンピューターに不正な送金操作をさせていた。

 ムニューシン財務長官は声明で、イーブルコープは「世界で最も活動的なハッカー組織の一つだ」と指摘。「われわれの狙いは組織の活動を停止させ、Dridexの拡散を阻止することにある」とした。制裁対象指定により、米国内の資産が凍結され、米国人との取引が禁じられる。

この記事を共有する

おすすめ情報