PR

米、ファーウェイ禁輸の緩和開始 商務省、安全保障関係以外

PR

華為技術(ファーウェイ)の看板前で携帯電話を操作する男性=12日、北京(AP)
華為技術(ファーウェイ)の看板前で携帯電話を操作する男性=12日、北京(AP)
その他の写真を見る(1/2枚)

 ロイター通信は20日、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)への輸出禁止措置に関し、米商務省が米企業に安全保障上の問題が生じにくい部品の販売許可を出し始めたと報じた。

 米政権は5月、安全保障上の脅威として、ファーウェイと子会社を禁輸措置の対象にする「エンティティーリスト」に加えた。トランプ米大統領は6月、中国の習近平国家主席との会談で、安保に抵触しない汎用品などの取引は個別に容認する意向を示していた。

 米政権はまた、米国の通信ネットワークの保守やファーウェイ製携帯電話のサービス継続などについては、対象外とする猶予期間を設けている。(共同)

この記事を共有する

関連トピックス

おすすめ情報