PR

独仏、リブラ使用認めず「リスク対応できない」

PR

 【パリ=三井美奈】フランス、ドイツ両政府は13日、米交流サイト大手フェイスブックの暗号資産(仮想通貨)「リブラ」について共同声明を発表し、リスク対応が不十分だとして使用を認めない方針を示した。

 フェイスブックは2020年にリブラの利用開始を目指すが、声明は「示された計画では、リスクに正しく対応できない」と指摘。投資家保護、マネーロンダリング(資金洗浄)、テロ資金への流用などの課題を列記した。さらに、通貨政策は国の主権に帰属し、「いかなる民間団体も行使できない」とする立場を示した。

 声明は、フィンランドの首都ヘルシンキで13日に開かれた欧州連合(EU)のユーロ圏財務相会議に合わせて発表された。EUを牽引する独仏両国が圏内でのリブラ利用に歯止めをかける狙いがあるとみられる。

 ルメール仏経済・財務相は12日、「現状では欧州での(リブラ)運営は認められない」と述べた。リブラの運営団体は、EU非加盟のスイスに置かれている。

この記事を共有する

おすすめ情報