PR

コンテ伊首相が組閣名簿を提出 5日に新内閣が就任宣誓

PR

イタリアのコンテ首相(ロイター)
イタリアのコンテ首相(ロイター)

 【パリ=三井美奈】イタリアのコンテ首相は4日、第1与党だった「五つ星運動」と中道左派「民主党」の2党連立による組閣名簿をマッタレッラ大統領に提出した。これを受け、大統領府は5日に新閣僚の就任宣誓式を行うと発表した。両党は政策合意で、欧州連合(EU)との連携を打ち出した。

 伊メディアによると、五つ星代表のディマイオ副首相が外相、経済相には民主党のグアルティエリ欧州議員が指名された模様。

 両党は政策合意で、来年の予算策定では財政均衡を目指すことを明記。一方、EUに投資による景気浮揚を求めた。EU協調を掲げる民主党との連立で、五つ星は従来のEU緊縮策への批判を和らげた。

 五つ星は昨年の総選挙で、民主党の腐敗追及を訴えて同党の基盤を奪ったため、民主党との連立には党内の反発があった。五つ星に近いコンテ首相の続投に民主党が合意したことで機運が変わり、3日に五つ星が行ったインターネットの党員投票では、79%が連立を支持した。

 昨年6月に発足した第1次コンテ政権は、五つ星と右派「同盟」の連立だった。同盟を率いるサルビーニ内相が8月、コンテ首相への不信任案を提出。コンテ首相が辞意を表明し、政局不安が広がった。大統領はコンテ首相に再組閣を命じていた。

この記事を共有する

おすすめ情報