PR

仏、イランに核合意復帰条件に、150億ドル信用供与を提案か 

PR

マクロン仏大統領(ロイター)
マクロン仏大統領(ロイター)

 【パリ=三井美奈】フランスのルドリアン外相は3日、「イランに対し、原油を担保にした信用供与を提案している」とパリで記者団に明らかにした。仏紙ルモンドは、仏政府が150億ドル(約1兆6千億円)の金融支援を3度に分けて行うことを計画していると報じた。

 ルドリアン氏は支援条件としてイランに対し、2015年の核合意順守に加え、地域の安全や「25年以降の計画」について対話を求めていると述べた。15年の核合意は、イランにウラン濃縮で10年間の制限を定めていた。ルドリアン氏は信用枠の供与には、米国の対イラン制裁の緩和が前提となるとも述べた。

 マクロン仏大統領は8月末、仏ビアリッツで行われた先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)で、トランプ米大統領とイランのロウハニ大統領との会談に向け、仲介外交を進める意欲を表明。今週にはイランのアラグチ外務次官がパリを訪問しており、仏側と支援提案について協議したとみられる。

この記事を共有する

おすすめ情報