PR

環境活動家の少女、NY国連前で「学校スト」

PR

30日、米ニューヨークの国連本部前で、同世代の若者らとともに地球温暖化対策を訴えるグレタ・トゥンベリさん(中央)(上塚真由撮影)
30日、米ニューヨークの国連本部前で、同世代の若者らとともに地球温暖化対策を訴えるグレタ・トゥンベリさん(中央)(上塚真由撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 【ニューヨーク=上塚真由】学校の授業をボイコットして、積極的な地球温暖化対策を訴えてきたスウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥンベリさん(16)が30日、ニューヨークの国連本部前で、米国の同世代の若者ら数百人とともに温暖化に抗議する集会「学校ストライキ」を開いた。

 トゥンベリさんは9月下旬に国連本部で開かれる「気候行動サミット」に参加するため、英国から環境に優しいヨットに乗って大西洋を横断し、今月28日にニューヨークに到着した。

 米国の学校は大半が夏休み中だが、トゥンベリさんの活動に賛同する若者らはこの日、「学校スト」と銘打って抗議。「私たちを止められない。より良い世界は可能だ」「真実を報告せよ、若者に対する義務だ」などとシュプレヒコールを上げ、気候変動の危機を訴えた。

 トゥンベリさんは集会の合間に国連本部を訪問し、国連総会のエスピノサ議長と面会。気候行動サミットの見通しについて話し合い、エスピノサ氏は面会後、「若者らの積極的な参加を得てサミットを成功させたい」と話した。

30日、米ニューヨークの国連本部前で開かれた地球温暖化対策を求める集会に、同世代の若者らとともに参加するグレタ・トゥンベリさん(中央)(上塚真由撮影)
30日、米ニューヨークの国連本部前で開かれた地球温暖化対策を求める集会に、同世代の若者らとともに参加するグレタ・トゥンベリさん(中央)(上塚真由撮影)
その他の写真を見る(2/2枚)

この記事を共有する

おすすめ情報