PR

「ジョンソン首相は独裁者」 英議会停止の方針に与野党波紋

PR

英議会停止の方針を示したジョンソン首相(左、AP)
英議会停止の方針を示したジョンソン首相(左、AP)

 【ロンドン=板東和正】英国のジョンソン首相が28日に決めた9月9日の週から約1カ月後の10月13日まで議会を休会する方針に波紋が広がっている。英国の欧州連合(EU)離脱の期限が10月末に迫る中、経済が混乱に陥る「合意なき離脱」を阻止しようとする議員の動きを防ぐ強硬策とみられ、与野党の議員はジョンソン氏を民主主義を冒涜(ぼうとく)する「独裁者」と非難した。休会を食い止めようと訴訟を起こす動きもあり、離脱をめぐる駆け引きは法廷闘争に発展している。

 「ジョンソン氏の決定は極めて問題。常軌を逸している」

 英与党・保守党のグリーブ議員は28日、休会の方針を受け、そう怒りをあらわにした。

 グリーブ氏はジョンソン氏が率いる保守党に所属しながらも、合意なき離脱には反対している。グリーブ氏は夏季休会中の議会が再開する9月3日以降に、最大野党・労働党などと協力して10月末の離脱期限の延期をEUに申請するようジョンソン氏に義務づける法案を提出することを検討していた。だが、休会によって法案を審議する時間の大半が失われると指摘する。

 ジョンソン氏は休会したとしても、議会で離脱について議論する時間的余裕は「たっぷりとある」と主張する。だが、休会が終了する直後の10月17~18日にEU首脳会議も控えており、現実的に10月末まで時間はほとんど残されていない。バーカウ下院議長は休会について「離脱の審議を妨害しており、民主主義と国民の代表である議会への攻撃だ」と批判。労働党などの野党議員も「ジョンソン氏は独裁者だ」と一斉に非難した。

 今回の問題は、政治的中立を保つエリザベス女王にも飛び火している。

 議会の休会を決める権限は首相ではなく、国家元首の女王にある。ただ、女王は今回、王室が首相の助言に従う英国の慣習により、ジョンソン氏の休会の要求を認めたとみられている。労働党のコービン党首は、認可した女王に抗議するために、女王との面会を求めているという。

 一方、EU残留を訴える自由民主党などが、休会は議会制民主主義を基礎とする憲法に違反しているとして、英北部スコットランド行政府の裁判所に訴訟を起こした。違憲と認められれば、休会の撤回につながる可能性もあるが、判決が9月に間に合うかどうかは不透明とみられている。

この記事を共有する

おすすめ情報