PR

「即時行動」求めデモ行進 仏、G7首脳らに訴え

PR

24日、フランス南西部バイヨンヌで、警察が封鎖した橋付近に集まるデモ参加者(AP)
24日、フランス南西部バイヨンヌで、警察が封鎖した橋付近に集まるデモ参加者(AP)

 先進7カ国首脳会議(G7サミット)の開催地のフランス南西部で24日、サミットに抗議する大規模デモが行われた。気候変動対策などについて、各国首脳らに「即時行動」を訴えた。欧米メディアが伝えた。

 サミット開催地のビアリッツから約30キロ離れ、スペイン国境に近いアンダイエには反グローバリズム団体や環境活動家ら約1万5千人が結集。地球温暖化対策の強化やアマゾンの熱帯雨林で続く大規模火災への対応、同性愛者の人権向上など幅広いテーマに関するプラカードを掲げ、国境対岸のスペイン・イルンまで行進した。

 一方、AP通信などによると、ビアリッツ近郊では市民ら約400人が道路封鎖を試み、当局が上空から放水、催涙ガスを使用する場面もあった。デモ隊の中には警察官らに向けて石を投げる人が数人いたという。(共同)

この記事を共有する

おすすめ情報