PR

中国、英総領事館職員を拘束

PR

中国外務省の耿爽報道官(共同)
中国外務省の耿爽報道官(共同)

 【香港=藤本欣也】中国外務省の耿爽(こう・そう)報道官は21日の記者会見で、行方不明となっていた在香港英総領事館の男性職員が広東省深●(=土へんに川)の警察当局に拘束されていることを認めた。治安管理処罰法違反で15日間の行政拘留処分になったという。同法違反の行為については明らかにしなかった。

 香港メディアによると、香港人の男性職員は今月8日、日帰りの出張で深●(=土へんに川)を訪問した後、鉄道で香港に戻る途中、連絡が途絶えた。英外務省が20日、懸念を表明していた。

 香港から中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正問題をめぐり、香港の旧宗主国である英国政府は対中批判を強めており、中国による報復措置の可能性がある。

 耿氏は21日の会見で、男性職員は英国人ではなく中国人であり、職員の拘束は「中国内部の事案だ」と主張。英国に対し、無責任な発言や中国の内政への干渉を止めるよう要求した。

 中国当局はこれまでにも、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)幹部がカナダで逮捕されたことへの事実上の報復措置として、休職中のカナダ人外交官らを逮捕している。

この記事を共有する

おすすめ情報