PR

「環境少女」トゥンベリさん、ヨットで英国出発 米国へ排出ガス抑えた旅

PR

7月、スウェーデン・ストックホルムの議会前に立つグレタ・トゥンベリさん(AP)
7月、スウェーデン・ストックホルムの議会前に立つグレタ・トゥンベリさん(AP)

 学校の授業をボイコットし、地球温暖化対策を大人たちに迫る「学校ストライキ」の火付け役となったスウェーデンのグレタ・トゥンベリさん(16)が14日、大西洋対岸の米国を目指し、英南部をヨットで出発した。太陽光や水流のみを使って発電、温室効果ガスの排出を最低限に抑えた旅に臨み、環境問題への国際社会の関心向上を目指す。

 出発前に記者会見したトゥンベリさんは、気候変動の危機を軽視するトランプ米大統領らを念頭に「科学を理解せず受け入れない人は必ずいるが、そういう人は無視する」と述べ「私は行動するだけだ」と決意を示した。ヨットは全長約18メートルで、太陽光パネルや水中タービンで発電する。レース用のため台所や固定シャワーはなく、甲板の一角に設置したバケツがトイレ代わり。父らも同行し、トゥンベリさんはヨットの操縦はしない。(共同)

この記事を共有する

おすすめ情報