PR

「空飛ぶスケボー」 英仏海峡を横断 仏国防省も援助

PR

4日、「フライボード」で英仏海峡を横断し英南部ドーバーに到着するフランキー・ザパタ氏(左上)(AP)
4日、「フライボード」で英仏海峡を横断し英南部ドーバーに到着するフランキー・ザパタ氏(左上)(AP)
その他の写真を見る(1/2枚)

 【パリ=三井美奈】フランス人の発明家フランキー・ザパタさん(40)が4日、自身が開発した乗り物「空飛ぶボード」で、英仏海峡の横断に成功した。

 この乗り物は、幅約60センチ大のボードにエンジンを付け、空中を浮遊する仕組み。燃料を背負い、手でハンドル操作しながら飛行する。

 4日は仏西部カレー南郊を出発。途中、船上で燃料を補給し、対岸の英南部ドーバー近郊まで約35キロを22分間で飛行した。海峡横断は7月、最初の挑戦で失敗しており、ザパタさんは記者会見で「今回は風向きが変わらず、うまくいった」と喜びを語った。乗り物の開発には、仏国防省が130万ユーロ(約1億5千万円)を出資した。

この記事を共有する

おすすめ情報