PR

G20「影の主役」演じた正恩氏、米中貿易摩擦に乗じ

PR

会談したトランプ米大統領(右)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=6月30日、板門店(朝鮮中央通信=共同)
会談したトランプ米大統領(右)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=6月30日、板門店(朝鮮中央通信=共同)

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は6月29日に大阪で閉幕した主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)の「影の主役」とささやかれた。サミットと前後した短い期間に中国と米国という2つの大国のトップを自国“領内”に招き入れ、世界の耳目を集めたからだ。貿易交渉が停滞する中で北朝鮮問題をカードに使おうとした米中トップの思惑を逆手に取り、したたかな外交戦を展開した。(ソウル 桜井紀雄)

 「この3日間で多くの驚くべきことが起きた。米国にとって素晴らしいことだ」。トランプ米大統領は30日、ツイッターでこう投稿した。南北軍事境界線がある板門店(パンムンジョム)で30日、金氏とともに米大統領として初めて北朝鮮側に越境したことが念頭にあるのは確かだ。

 G20サミットの焦点は貿易協議の再開を決めた29日の米中首脳会談だった。だが、トランプ氏は記者会見で「金氏と会うかもしれない。われわれはウマが合う」と冗舌に話し始め、メディアの関心を金氏との対面に誘導しようとした。

 トランプ氏の29日の対面提案に金氏は、側近に「興味深い」とする談話を出させるなど即座に対応し、米朝実務者が調整に動いた。

 布石はあった。北朝鮮外務省高官が27日の談話で「米国に連絡したければ、稼働している連絡チャンネルを使う」として、米朝の「仲介役」を気取る韓国政府を批判していた。トランプ氏の呼び掛けは首脳同士がいかに親密で、連絡ルートも万全かを誇示するまたとないチャンスで、金氏が逃すことはなかった。

 北朝鮮国営メディアは1日、金氏がトランプ氏との「素晴らしい親交があったため、わずか1日で劇的な対面がなし得た」と語ったと報じた。

 20、21日に訪朝して金氏と会談した中国の習近平国家主席も、サミットでの2国間会談で金氏の非核化意志に変わりがないことを説いて回った。安倍晋三首相には、拉致問題での首相の考えを金氏に伝えたことも知らせた。対米外交戦が熾烈(しれつ)さを増す中、主導権を握る狙いだったとみられるが、結果的に金氏のメッセンジャー役を演じたことになる。韓国紙、中央日報は1日、金氏が「G20に招待されていないのに最大の受益者になった」と論じた。

 ただ、トランプ、習両氏との会談でも肝心の非核化問題で金氏が譲歩した形跡は見られない。逆に2つの大国のリーダーの信頼を勝ち得たとして、金氏が主張を硬化させる恐れがある。

この記事を共有する

関連トピックス

おすすめ情報