PR

韓国との「敏感情報」共有中断も 米、ファーウェイ使用なら 韓国紙報道

PR

中国広東省の華為技術(ファーウェイ)本社=3月(共同)
中国広東省の華為技術(ファーウェイ)本社=3月(共同)

 米国務省は15日までに、韓国が第5世代(5G)移動通信システムに中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の機器を使用する場合「敏感な情報」の共有をやめるとの考えを示唆した。韓国紙、中央日報の取材に答えた。同紙は米側が軍事、安全保障上の情報を想定しているもようだと伝えた。

 同紙によると、国務省は「容認できないレベルの危険に敏感な情報をさらすことはない」と指摘。「同盟国や友好国のネットワークに信頼できない供給者の設備が含まれる場合、われわれが情報をどう共有するかを再検討するという意味だ」と説明したという。

 また「5Gは今後数十年間、われわれの経済や安保に影響を与える重大なインフラだ」と強調。同紙は、5G通信網に華為製品を使わないと韓国が宣言するよう求めた形だと分析した。

(共同)

この記事を共有する

関連トピックス

おすすめ情報