PR

飛翔体発射は「正常な訓練」 北朝鮮、正当性を強調

PR

 朝鮮中央通信によると、北朝鮮外務省の報道官は8日、4日の飛翔体発射について「誰かを狙ったものではなく正常な軍事訓練の一環で、地域情勢を激化させてもいない」と述べ、発射の正当性を強調した。また米韓の合同軍事演習を「戦争演習だ」と批判した。

 同通信によると、報道官は4日の発射について大口径の長距離放射砲(多連装ロケット砲)や戦術誘導兵器の運用能力などを点検し「戦闘動員準備を整える目的で火力打撃訓練が行われた」と説明。「正常で自衛的な訓練だ」と強調した。

 さらに「ほかの主権国家を狙って行われる戦争演習とは明確に区別される」と主張し、戦争演習の例として米韓が春に行った合同軍事演習などを挙げた。

 一方で、一部勢力が、米韓の演習には何も言わず「われわれにだけ挑発だと言いがかりをつけている」と批判。「自主権や自衛権を否定するなら、誰もが望まない方向にわれわれが進みかねないことを肝に銘じるべきだ」と警告した。一部勢力についての具体的な言及はなかった。(共同)

この記事を共有する

おすすめ情報