PR

香港「銅鑼湾書店」元店長、台湾に“亡命”

PR

「銅鑼湾書店」元店長の林栄基氏(河崎真澄撮影)
「銅鑼湾書店」元店長の林栄基氏(河崎真澄撮影)

 【台北=田中靖人】台湾で対中政策を主管する大陸委員会は26日、中国共産党政権を批判する書籍を販売したとして中国当局に拘束され、その後釈放された香港「銅鑼湾(どらわん)書店」の元店長、林栄基氏に1カ月間の台湾滞在を許可したと明らかにした。

 中央通信社によると、林氏は犯罪容疑者の中国本土引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」が香港の立法会(議会)で成立すれば、中国に送還される恐れがあるとして、25日に台湾に逃げてきた。同委員会は必要であれば、さらに長期の滞在を申請できるとしている。

この記事を共有する

おすすめ情報