PR

「日本は最強の同盟国」 ハガティ米駐日大使

PR

講演後、記者団の取材に応じるハガティ駐日米大使=2月25日午後、大阪市
講演後、記者団の取材に応じるハガティ駐日米大使=2月25日午後、大阪市
その他の写真を見る(1/2枚)

 米国のハガティ駐日大使は25日、米シンクタンクのミルケン研究所が都内で開いた経済シンポジウムであいさつし、「日本は米国にとって最強の同盟国だ」と述べ、インド太平洋地域の繁栄に向けた日米同盟の強化や安倍晋三首相のリーダーシップに期待を示した。

 ハガティ氏は安倍首相の通算在職日数が11月に歴代最長となることに触れ、「ずっと大きな役割をグローバルで果たし、強い外交力を示している」と評価した。

 「自由で開かれた」インド太平洋地域を目指す姿勢を強調し、覇権拡大を図る中国を牽制。同地域で「質の高いインフラ」整備の支援を進める考えを示した。(坂本一之)

この記事を共有する

おすすめ情報