PR

英首相、EUに離脱延期求める書簡を送付へ 短期間か

PR

テレサ・メイ英首相=18日、ロンドン(ロイター)
テレサ・メイ英首相=18日、ロンドン(ロイター)

 【ロンドン=岡部伸】英国の欧州連合(EU)からの離脱に関し、メイ英首相は20日、EUのトゥスク大統領に書簡を送付し、29日に予定されるEU離脱期日の延期を要請する予定だ。英メディアによると、6月30日までの短期間の延期を求めるとみられる。

 BBC放送によると、メイ氏が短期を基本に最大2年を選択できる延期申し入れを検討したところ、EUからの独立を重視する与党、保守党内の強硬離脱派が「長期延期は離脱が骨抜きになる」と反発し、メイ氏が翻意したという。

 延期には、EU全加盟国の承認が必要。EUは、21日から開く首脳会議で協議するが、バルニエ首席交渉官は19日、「正当な理由と確固たる計画」が必要と述べ、先行き不透明だ。メイ政権は延期を短期にとどめるため、EU首脳会議後、離脱協定案の議会承認を目指すものの「合意なき離脱」の懸念は消えない。

この記事を共有する

おすすめ情報