PR

韓国、駆逐艦レーダー情報開示を拒否 「非常に無礼な要求」と日本を非難

PR

 【ソウル=名村隆寛】韓国国防省報道官は15日の定例記者会見で、14日にシンガポールで行われた日韓防衛当局間の実務者協議では、韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダー照射をしたことを裏付ける決定的な証拠が、日本側からは示されなかったと主張した。

 また、協議で日本側は、韓国駆逐艦の全体的なレーダー情報(周波数)を明らかにすれば、日本側の収集した情報の一部を示すことを提案したが、韓国側はこれに応じなかったという。

 同省報道官は「韓国としては受け入れ困難で、非常に無礼な要求であり、問題解決の意志がない強引な主張だ」と日本側の対応を批判した。また、「日本の継続的な非紳士的な行動に対し、大いに遺憾を表明する」と訴えた。

 報道官は「日本に対し韓国は、レーダー照射を受けたと主張する周波数など、正確で客観的なデータを提示するよう継続し要求している」と指摘。「日本側が開示するという一部の情報は、韓国側が求めているデータではない」との認識を示した。

 韓国側は「日本側の低空威嚇飛行に対し、細かく日本側に要求し質問した」(報道官)という。また、報道官は、「日本側が威嚇飛行ではないと主張しているが、韓国艦の乗組員が脅威を感じるほどの雰囲気であったと伝えたことに対し、(日本側が)一部でうなずくことがあったと承知している」とも語った。

 レーダー照射の問題を受けての日韓防衛当局の実務者協議は、昨年12月27日のテレビ会議に続くもので、シンガポールにある日韓双方の大使館で14日夜まで交互に開かれた。しかし、今回も双方の間の溝は埋まらず、平行線をたどるどころか、意見の隔たりが一層広がったかたちだ。

この記事を共有する

おすすめ情報