PR

徴用工「争点化は賢明でない」 文在寅大統領、解決策示さず

PR

10日、ソウルの韓国大統領府で年頭会見を開き、報道陣の質問に応じる文在寅大統領(聯合=共同)
10日、ソウルの韓国大統領府で年頭会見を開き、報道陣の質問に応じる文在寅大統領(聯合=共同)

 【ソウル=桜井紀雄】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は10日、ソウルの大統領府で年頭の記者会見を開いた。韓国最高裁が日本企業に賠償を命じたいわゆる徴用工訴訟判決をめぐって「日本の政治指導者らが政治的な争点とし、論争を拡散させているのは賢明な態度ではない」と指摘し、繰り返し強い反発を示してきた安倍晋三政権の対応を批判した。

 日本政府は9日、1965年の日韓請求権協定に基づく協議を韓国に要請した。だが、文氏は朴槿恵(パク・クネ)前政権時代に故意に審理を先送りしようとした疑惑で最高裁への捜査が続いていることを挙げて「状況を見て判断しなければならない」と述べ、韓国政府としての対応策を早急に提示する考えがないことを示唆した。

 日韓両政府は本来、元徴用工らの個人請求権問題は協定で解決済みだとの認識を共有してきたはずだが、文氏はこれに反する判決を尊重し、日本企業の資産差し押さえが進むといった混乱が広がる状態を事実上、容認した形だ。日韓の確執は一層深まりそうだ。

 徴用工問題について文氏は「韓国政府がつくり出したのではなく、不幸な歴史のために生じた問題だ」と指摘。日本政府に「もう少し謙虚な立場」になるよう求めた。司法の判決に政府が関与できず、尊重すべきなのは日本も同じだとし、「日本も不満があっても仕方がないとの認識を持つべきだ」と述べた。

 協定では未解決だという最高裁の判断に従って「被害者らの苦痛を癒やすために韓日両国が真摯(しんし)に知恵を集める必要がある」と強調し、「問題を政治的攻防の材料とみなし、未来志向的な関係を毀損(きそん)しようとするのは望ましくない」と重ねて日本側にクギを刺した。

 約2時間に及んだ会見冒頭には約30分間の演説も行い、北朝鮮との経済協力推進に意欲を示した。日本による統治からの独立を掲げた「3・1独立運動」から今年で100年になる意義も強調し、「いまや分断の克服を夢見て実現への最後の峠を越えている」と語った。日本に関する言及は会見終盤、NHK記者の質問に対する回答だけだった。

 

この記事を共有する

おすすめ情報