PR

トランプ氏「政府閉鎖、何年も続く」 非常事態宣言も示唆

PR

国境線の壁建設に関して国会議員と会談した後、記者会見するドナルド・トランプ米大統領=4日、米ワシントンのホワイトハウス・ローズガーデン(AP)
国境線の壁建設に関して国会議員と会談した後、記者会見するドナルド・トランプ米大統領=4日、米ワシントンのホワイトハウス・ローズガーデン(AP)

 【ワシントン=塩原永久、黒瀬悦成】トランプ米大統領は4日、連邦政府機関の一部閉鎖がこの日に14日目に突入した問題で、議会民主党の指導部とホワイトハウスで会談した。トランプ氏は、政府閉鎖の解除に必要となる新予算案にメキシコ国境からの移民流入を阻止する壁の建設費が計上されない限り、閉鎖は「何年も続く」と警告。しかし、民主党は予算化を認めない立場を崩さず、2日の会談に続き双方の話し合いは平行線に終わった。

 ホワイトハウスは4日、政権と議会の担当者が週末にかけて協議を続けると発表した。ただ、新たな予算案を審議する上院が8日まで休会を予定しており、政府閉鎖が一段と長期化する見通しが強まっている。

 トランプ氏はこの日の会談後に記者会見し、民主党のペロシ下院議長やシューマー上院院内総務に対し、一部の連邦政府機関の支出をまかなう予算案に壁建設費が盛り込まれない限り、「閉鎖は何カ月どころか何年でも続くことになる」と言い渡したことを明らかにした。

 さらにトランプ氏は、不法移民の流入を阻止する厳格な国境管理を目指し、非常事態を宣言して壁建設費を捻出する可能性を示唆し、非常事態宣言により「とても速やかに(壁を)建設できる」と主張した。

 米国では国家の存亡に関わる緊急事態が起きた際に大統領は包括的な権限を有するとの憲法解釈があり、外国からの侵略や大規模テロなどへの対処では議会の了承を得ずに米軍を動員することなどができる。

 米メディアによると、非常事態を宣言後、壁建設費用を国防予算から支出することが政府内で議論されているが、メキシコ国境からの移民の流入をテロなどと同列に扱うのは無理があるとの見方も強い。

 一方、シューマー氏はトランプ氏との会談後、記者団に「政府閉鎖が解消されない限り(壁建設の)話し合いを進めるのは困難だ」と話し、政府機関の再開と引き換えに壁建設費の予算措置を迫るトランプ氏と共和党の姿勢を批判した。

この記事を共有する

おすすめ情報