PR

FRBを再び批判 トランプ氏「利上げ速い」

PR

記者会見するパウエルFRB議長=19日、ワシントン(共同)
記者会見するパウエルFRB議長=19日、ワシントン(共同)

 トランプ米大統領は25日、ホワイトハウスで記者団に対し、米連邦準備制度理事会(FRB)の金融政策に関し「彼らは金利を速く引き上げすぎている」と再び批判した。

 トランプ氏は「オバマ前大統領ははるかに(政権)運営がしやすかった。超低金利だったからだ」と述べ、トランプ氏の大統領就任後に利上げが加速したことに不満を示した。

 また、ムニューシン財務長官の解任論が出ているとの一部報道には「彼は賢い人物だ」と擁護した。ムニューシン氏をめぐっては、株式市場の動揺を鎮めるため同氏が米大手金融機関の首脳と電話協議したことが、かえって逆効果になり米株価が急落したことで、解任論が出ているとの報道があった。(共同)

この記事を共有する

おすすめ情報