PR

中国との通商取引難しい 米高官「ひどい行為多い」

PR

 トランプ米政権のナバロ大統領補佐官(通商製造政策局長)は24日、米CNBCテレビで「中国は多くの非常にひどい行為に関わっており、メキシコよりもはるかに取引するのが難しい」と述べ、中国との対話には時間がかかるとの見方を示した。

 米国は24日、中国からの2千億ドル(約22兆円)分の輸入品に対し追加関税を発動。中国も600億ドル分の米製品に報復関税をかけ、両国の貿易摩擦が泥沼化している。

 米国は中国による技術移転の強要などの不公正な貿易慣行を問題視。ナバロ氏は「中国の考えは喜んで聞く」としながらも、「中国は米国が提起する問題をよく理解している」と指摘し、不公正慣行の是正を求めた。

 米国は8月下旬、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉を巡り、メキシコと2国間協議で基本合意した。(共同)

この記事を共有する

おすすめ情報