PR

【激動・朝鮮半島】北朝鮮の金正恩氏が3度目の訪中 中国新華社が報道

PR

北京国際空港に到着した北朝鮮の高麗航空の貨物機=19日(共同)
北京国際空港に到着した北朝鮮の高麗航空の貨物機=19日(共同)

 【北京=藤本欣也】中国国営新華社通信は19日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が19、20両日、中国を訪問すると報じた。金氏の訪中は3月下旬以降3回目。習近平国家主席と会談し、12日にシンガポールで行われた米朝首脳会談の報告や、朝鮮半島の非核化に向けて週内にも開始予定の米朝高官協議の打ち合わせなどを行う。

 金氏が搭乗したとみられる航空機が19日午前、中国の北京国際空港に到着した。金氏にとっては3月下旬に北京、5月上旬に遼寧省大連を訪問したのに続く3回目の訪中となる。韓国の文在寅大統領との南北首脳会談はこれまで2回行っており、習氏と会談すれば最多となる。

 北朝鮮としては、非核化をめぐり米国と本格的な協議に入る前に、後ろ盾である中国の存在をアピールすることで、トランプ米政権を牽制(けんせい)する狙いがある。

 習氏は14日、訪中したポンペオ米国務長官との会談で、「中国は非核化のために尽力し、朝鮮半島の平和と安定を守る」と述べ、中国が非核化プロセスなどに積極的に関与していく姿勢を強調。「朝鮮半島問題は複雑であり、解決しようとすれば必然的に順序を追って進めるプロセスになる」とも指摘し、北朝鮮が主張する段階的な非核化を支持している。

この記事を共有する

おすすめ情報