PR

【米朝首脳会談】(動画)正恩氏、ギリギリまでサプライズ 前夜に突然外出、観光客あおる演出も 

PR

マーライオン近くのジュビリー・ブリッジを歩く北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=11日午後、シンガポール(松本健吾撮影)
マーライオン近くのジュビリー・ブリッジを歩く北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=11日午後、シンガポール(松本健吾撮影)

 【シンガポール=吉村英輝、ソウル=名村隆寛】シンガポール入りしたトランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は11日、翌日の米朝首脳会談に向け、現地で最終準備を進めた。日中は滞在先のホテルから外に出なかった正恩氏は、夜になっての突然の外出で周囲を驚かせた。両首脳によるサプライズは、ギリギリまで続きそうだ。

 11日午後8時半過ぎ、シンガポールの代表的な観光スポット、マリーナベイ・サンズの入り口で、係員らが慌ただしく客を退場させ始めた。日本人観光客の女性は、「誰が来るの」と興奮した様子。警備員は「たった今、連絡が来た」と整理に当たった。

 正恩氏は約1時間後に到着。シンガポール入り以来、正恩氏の一挙手一投足を撮影してきた北朝鮮のカメラマンは観光客らに向けて、自身も手を下から上に振り、より大きい歓声を求める「演出」も施した。

 約20分後に正恩氏が会場を後にすると、間もなくこの数日間、現地で活動中の「そっくりさん」が登場。握手や写真撮影に応じ、本物の後を引き取っていた。

 トランプ氏は11日、シンガポールのリー・シェンロン首相と、ステーキや伊勢エビのスープの昼食を交えて会談。「非常に良い結果が出ると思う」と述べ、翌日の交渉に自信を示した。

 現地では、ソン・キム駐フィリピン米大使と、北朝鮮の崔善姫外務次官が、板門店で重ねてきた実務者協議を継続した。

 一方、北朝鮮メディアは11日、「朝鮮半島の非核化を実現するための問題など共通の関心事」を協議するとして、米朝首脳会談の日時や場所を初めて報道した。正恩氏が専用機ではなく、中国国際航空機で現地入りしたことなども隠すことなく伝えていた。

 正恩氏が10日午後、チャンギ国際空港に到着した際には、車列がホテル近くにさしかかると、全速力で専用車を追って走る、黒いスーツの屈強な男性たちが異彩を放った。正恩氏を警護する「人間の盾」とみられる。

この記事を共有する

おすすめ情報