PR

【日米首脳会談】トランプ氏、非核化できなければ「交渉の席立つ」

PR

安倍晋三首相との共同記者会見で、記者団の質問に答えるドナルド・トランプ米大統領=18日、米フロリダ州パームビーチの大統領私邸マール・ア・ラーゴクラブ(AP)
安倍晋三首相との共同記者会見で、記者団の質問に答えるドナルド・トランプ米大統領=18日、米フロリダ州パームビーチの大統領私邸マール・ア・ラーゴクラブ(AP)

 【パームビーチ=加納宏幸】トランプ米大統領は18日、南部フロリダ州パームビーチの別荘「マールアラーゴ」で開いた安倍晋三首相との共同記者会見で、5月か6月初旬に予定する北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との米朝首脳会談に関し、朝鮮半島の非核化という目標が達成できないと判断すれば会談の途中でも協議の席を立つとし、交渉に臨む強い姿勢を示した。

 トランプ氏は「成功すると思わなければ(金氏と)会談しない。実りがないと判断すれば、会談には行かないし、行っても会談の席を離れて現在行っていることを続けるが、何かが起こる」と述べた。「現在行っていること」について詳細に語らなかったが、軍事力を含む圧力強化が念頭にあるとみられる。

 その一方で、トランプ氏は米朝首脳会談の成功を強く望んでいるとし、「理想的には世界の全ての地域で核兵器を終わらせなければならない。それが私たちが望む目標だ」と述べた。そのために首脳会談では「平和で核兵器のない朝鮮半島を目指す」と語った。

 米国として「過去の政権の失敗を繰り返さない」と重ねて強調するとともに、朝鮮半島の非核化の目標が達成できるまでは「最大限の圧力をかけ続ける」と述べた。また、完全かつ検証可能で不可逆的な非核化に応じれば、「北朝鮮にとって明るい道が開かれる」と指摘し、北朝鮮側の前向きな対応を促した。

 さらに、北朝鮮に対する圧力強化をめぐって、中国の習近平国家主席の協力に謝意を表明するとともに、さらなる努力を求めた。

 北朝鮮に拘束されている米国人3人に関し、トランプ氏は解放に向けた交渉を始めていることを明らかにした上で、「米国に戻すことができる可能性が高い」と語り、順調に協議が進んでいるとした。

この記事を共有する

おすすめ情報