PR

サルコジ元大統領の汚職公判請求 捜査情報の不正入手で

PR

フランスのサルコジ元大統領(ロイター=共同)
フランスのサルコジ元大統領(ロイター=共同)

 【パリ=三井美奈】フランス司法当局は29日、サルコジ元大統領が自身に対する違法献金捜査の情報を不正入手しようとしたとして、汚職や地位乱用の罪で元大統領に対する公判を請求した。フランスの各メディアが報じた。

 この疑惑は2014年に発覚。元大統領が07年の大統領選に絡み富豪から違法献金を受けた容疑の捜査で、司法当局幹部に要職のポストをあっせんする見返りに内部情報を要求したというもの。元大統領の弁護人は、公判請求に異議を申し立てる方針を示した。

 元大統領は先週、リビアの故カダフィ大佐から違法献金を受けた容疑で正式捜査の対象となったばかり。富豪からの違法献金疑惑では不起訴となっている。

この記事を共有する

おすすめ情報