産経ニュース for mobile

ラサの世界文化遺産寺院「ジョカン寺」で火災

記事詳細

ラサの世界文化遺産寺院「ジョカン寺」で火災

更新
中国チベット自治区ラサの中心部にあるジョカン寺=2009年9月14日(川越一撮影) 1/6枚

 【北京=西見由章】世界文化遺産に登録されている中国チベット自治区ラサの仏教寺院「ジョカン寺」(中国名・大昭寺)で17日午後6時40分ごろ、火災が発生した。中国メディアによると、死傷者はいないという。自治区トップの呉英傑党委書記が現場で対応の指揮に当たった。被害の規模や出火原因は不明。

<< 下に続く >>

 ジョカン寺は「ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群」の一つとして世界文化遺産に登録されている。

写真ギャラリー

  • チベット仏教寺院ジョカン寺=2008年6月、中国チベット自治区(共同)
  • 中国チベット自治区ラサ中心部にあるチベット仏教寺院ジョカン寺=2017年5月(共同)
  • 中国チベット自治区ラサ中心部にあるチベット仏教寺院ジョカン寺=2011年8月(共同)
  • 世界遺産のチベット仏教寺院ジョカン寺を訪れる信者ら=16日、中国チベット自治区ラサ(共同)
  • 世界遺産のチベット仏教寺院ジョカン寺を訪れる信者ら=16日、中国チベット自治区ラサ(共同)