産経ニュース for mobile

ルーマニアで初の女性首相 欧州議員のダンチラ氏を信任

記事詳細

ルーマニアで初の女性首相 欧州議員のダンチラ氏を信任

更新
29日、ルーマニア・ブカレストで首相就任の宣誓をするビオリカ・ダンチラ氏(ロイター=共同) 1/1枚

 ルーマニア上下両院の合同会議は29日、与党社会民主党の女性欧州議会議員、ビオリカ・ダンチラ氏(54)を首相とする新内閣を信任、内閣が発足した。16日に辞任した同党のトゥドセ前首相の後任で、女性首相はルーマニアでは初めて。

<< 下に続く >>

 トゥドセ氏は閣僚人事をめぐりドラグネア社民党党首と対立し、党の信任を失っていた。ダンチラ氏はドラグネア氏に近いとされるが、昨年1月に発足した社民党主導の連立政権の首相はこれで3人目。市民の反汚職デモが行われる中、政治の安定化が課題となる。

 ダンチラ氏はドラグネア氏と同じ南部テレオルマン県の出身。大学に相当する石油・ガス機構を卒業後、高校教師などを経て社民党に入党し、地方議会議員や党女性部門トップを務めてきた。

 ドラグネア氏は過去に有罪判決を受けたため首相には就けないが実権を握っており、影響力を行使するとみられている。