PR

台湾・李登輝元総統が95歳の誕生日 陳水扁元総統と12年以上ぶり会談

PR

会談を終えて報道陣に手を振る李登輝(中央左)、陳水扁(中央右)両元総統=15日、台北郊外(田中靖人撮影)
会談を終えて報道陣に手を振る李登輝(中央左)、陳水扁(中央右)両元総統=15日、台北郊外(田中靖人撮影)

 台湾の李登輝元総統は15日、95歳の誕生日を迎えた。この日、病気療養のため仮釈放中の陳水扁元総統(67)が台北郊外の李氏の自宅を訪れ、祝意を表した。

 「台湾独立派」とされ過去には「親子」とまで評された両氏だが、陳氏の政権2期目に関係が悪化して以来、対面するのは少なくとも12年以上ぶり。

 会談は約45分間行われ、李氏の事務所の王燕軍主任によると、両氏はお互いの書籍や写真集を交換し、健康の話などをしたという。王氏は「憲法改革の見方などが一致しており、(会談が)国家が団結する力になればよい」と話した。(台北 田中靖人)

この記事を共有する

おすすめ情報