産経ニュース for mobile

中国軍元高官が自殺 規律違反で調査中、習政権の軍掌握に影響も

記事詳細

中国軍元高官が自殺 規律違反で調査中、習政権の軍掌握に影響も

更新
張陽・前政治工作部主任(ロイター) 1/1枚

 【北京=藤本欣也】中国国営の新華社通信は28日、人民解放軍の最高指導機関、共産党中央軍事委員会の元メンバーで、重大な規律違反の疑いで調査を受けていた張陽・前政治工作部主任(66)が自殺したと報じた。習近平政権が進める反腐敗闘争で元軍高官が自殺するのは異例。習国家主席が進める軍掌握にも影響が及びかねない事態だ。

<< 下に続く >>

 新華社によると、張氏は23日、自宅で首をつって死亡した。党中央は影響を最小限に抑える工作活動を行った上で公表したようだ。

 中国国防省は28日、「自殺で罪を逃れるのは卑劣だ」とする論評をウェブサイトに掲載、「張陽は罪を恐れて自殺した。恥ずべき方法で自らの一生を終結させた」などと非難した。

 張氏は今年8月下旬から、共に軍制服組トップの中央軍事委副主席だった郭伯雄氏=収賄罪で無期懲役=と、徐才厚氏=同罪で起訴手続き中に病死=の事件への関与をめぐって当局の調べを受けていた。

 28日の新華社は「調査の結果、規律・法律に著しく違反し、贈収賄や出所不明の巨額の財産がある」ことが判明したとしている。

 今回の自殺の衝撃が大きいのは、張氏が軍の人事や政治・思想部門のトップを務めていたためだ。軍最高位の上将でもあった。

 胡錦濤前国家主席派として知られ、胡氏が退任直前の2012年に、党中央軍事委総政治部(現・政治工作部)主任に抜擢(ばってき)。習政権の目付け役として期待したとみられている。

 しかし張氏は習氏への忠誠をアピールしつつ習政権1期目(12~17年)の軍改革を支えてきた。だが2期目を目前に失脚、自殺に追い込まれた形だ。権力闘争の無情さを象徴している。

 ただ、張氏が軍の要職を務めていた当時、彼の影響下にあった軍幹部らは多い。今後、軍内に動揺が広がりかねない事態だ。

 張氏は自殺することで習氏へ最後の抵抗を試みたともいえ、軍の反習派の動向に影響を与える可能性もある。習氏としても、今回の自殺で張氏傘下の人脈にメスを入れることが困難になったとの見方も出ている。