産経ニュース for mobile

秋田・由利本荘の海岸に不審な木造船漂着 乗組員8人保護 「北朝鮮から来た」「漁をしていて故障した」

記事詳細

秋田・由利本荘の海岸に不審な木造船漂着 乗組員8人保護 「北朝鮮から来た」「漁をしていて故障した」

更新
秋田県由利本荘市の「本荘マリーナ」付近に漂着し係留された木造船=24日午前9時38分(共同通信社機から) 1/3枚

 23日午後11時半ごろ、秋田県由利本荘市の海岸付近にある船舶係留施設「本荘マリーナ」周辺に「不審者がいる」と110番通報があった。駆けつけた県警由利本荘署員が、男性8人を発見。「北朝鮮から来た」と話したという。近くには、漂着したとみられる木造船1隻があった。8人にけがなどはなく、同署が保護した。

<< 下に続く >>

 小此木八郎国家公安委員長は同日の閣議後の記者会見で、漂着した男性が北朝鮮から来たことを認めた上で、「漁をしていて船が故障し、漂着した」という趣旨の説明をしていることを明かした。

 木造船は長さ約20メートル。8人は朝鮮語のような言語を話しており、自分で歩ける状態という。

 同署は、通訳を交え、仙台入国管理局とともに、漂着した経緯について事情を聴いている。

写真ギャラリー

  • 「本荘マリーナ」付近に漂着し、防波堤前で係留されている外国のものとみられる木造船=24日午前8時ごろ、秋田県由利本荘市
  • 「本荘マリーナ」付近に漂着し、防波堤前で係留されている外国のものとみられる木造船=24日午前8時ごろ、秋田県由利本荘市