産経ニュース for mobile

英国際開発相が辞任 政府に無断でイスラエル首相と会談、引責

記事詳細

英国際開発相が辞任 政府に無断でイスラエル首相と会談、引責

更新
8日、英ロンドンの首相官邸を車で出るパテル国際開発相(ゲッティ=共同) 1/2枚

【ロンドン=岡部伸】英国のパテル国際開発相は8日、政府の許可なくイスラエルのネタニヤフ首相らと会談したとして引責辞任した。英首相官邸は9日、後任に欧州連合(EU)離脱派の女性下院議員、ペニー・モーダント氏を充てる人事を発表した。

<< 下に続く >>

 メイ政権では1日、ファロン国防相がセクハラ問題で辞任したばかり。EU離脱交渉が重要局面を迎える中、パテル氏の辞任は政権への新たな打撃となる。

 パテル氏は8月、休暇中にイスラエルでネタニヤフ首相ら政府当局者と会談。9月にもロンドンとニューヨークで英政府に無断でイスラエル閣僚らと会った。

 パテル氏は、イスラエルが一方的に併合を宣言しているゴラン高原での同国軍の活動に英国が資金援助できないか省内で検討するよう命じていたという。英国はゴランでのイスラエル軍の活動を認めていない。

写真ギャラリー

  • 車で去るプリティ・パテル国際開発相=8日、英ロンドンのヒースロー空港(AP)