産経ニュース for mobile

朴槿恵前大統領に新たな疑惑 韓国警察、収賄で側近2人を逮捕「大統領指示で現金受け取った」

記事詳細

朴槿恵前大統領に新たな疑惑 韓国警察、収賄で側近2人を逮捕「大統領指示で現金受け取った」

更新
9月30日、車いすに乗ってソウル市内の病院を出る韓国前大統領の朴槿恵被告(聯合=共同) 1/1枚

 【ソウル=名村隆寛】韓国の情報機関、国家情報院が朴(パク)槿恵(クネ)前政権当時に大統領府の高官複数に多額の裏金を渡していた疑惑で、韓国検察は3日、朴槿恵前大統領(収賄罪などで公判中)=の最側近だった李(イ)載晩(ジェマン)元総務秘書官とアン・ボングン元国政広報秘書官を収賄と国庫に損失を与えた容疑で逮捕した。

<< 下に続く >>

 2人は朴政権が発足した2013年から昨年7月まで、国情院の幹部から計約40億ウォン(約4億円)を受け取った疑い。韓国メディアは、李容疑者が「朴前大統領の指示で現金を受け取った」と供述したと一斉に報じており、裏金が朴被告の蓄財や美容整形施術に充てられた疑いが出ている。

 国情院は2日、裏金が北朝鮮情報収集などに用いる「特殊工作事業費」だと国会に報告。国情院と大統領府による疑惑の捜査が進められ、朴被告が再逮捕される可能性が出てきた。