産経ニュース for mobile

【北朝鮮情勢】核の標的は「米国のみ」 訪露の北高官が対米牽制

記事詳細

核の標的は「米国のみ」 訪露の北高官が対米牽制

北朝鮮情勢更新
20日、モスクワで開かれた核不拡散関連の国際会議で演説する北朝鮮外務省の崔善姫北米局長(左)(共同) 1/3枚

 モスクワで開催された「モスクワ不拡散会議」本会議に出席した北朝鮮外務省の崔善姫米州局長は20日、同国が開発する核兵器の標的は「米国のみ」で、第三国には向けられていないなどと発言し、米国を強く牽制した。同会議は核不拡散や朝鮮半島情勢を話し合うもので、シャーマン米元国務次官や日本の金杉憲治アジア大洋州局長らも参加。崔氏とともに歩く姿も見られた金杉氏は「(崔氏と)あいさつを交わした」と述べた。金杉氏はこれに先立ち、「北朝鮮側との接触の予定はない」とする一方、言葉を交わす機会があれば「日本の立場を説明したい」と話していた。(モスクワ 黒川信雄)

写真ギャラリー

  • 会場で行われた空母「ロナルド・レーガン」からの米韓軍事合同演習の離陸訓練=19日(ロイター)
  • 米韓軍事合同演習で、空母「ロナルド・レーガン」から離陸する戦闘機=19日(ロイター)