産経ニュース for mobile

【衆院解散】北朝鮮、衆院解散に初言及「荒唐無稽な詭弁」「安倍一味は狂奔」

記事詳細

北朝鮮、衆院解散に初言及「荒唐無稽な詭弁」「安倍一味は狂奔」

衆院解散更新

 北朝鮮の朝鮮中央通信は30日付の論評で、安倍晋三首相が衆院解散の理由として北朝鮮問題の対応などを挙げたことについて「荒唐無稽な詭弁(きべん)」と批判、その上で「政局を騒がせる安倍政権の行動に、国際社会は辛辣(しんらつ)な嘲笑を送っている」と“分析”した。

<< 下に続く >>

 ラヂオプレスによると、北朝鮮国営メディアが今回の衆院解散について論評したのは初めてとみられる。

 論評は「安倍の独断と専横によって騒がしい日本の政局」と題し、ウェブサイトに掲載された。森友・加計問題や東京都議選での自民党の敗北に言及した上で、「追い込まれた安倍一味は、朝鮮半島情勢を口実に『安全保障問題』の重要性と平和憲法修正の必要性を説き、民心を取り戻そうと狂奔した」と主張した。(ソウル支局)