産経ニュース for mobile

【北ミサイル】北「ICBM発射成功」 高度2800キロ、40分飛行 EEZ着水、日米韓を牽制

記事詳細

北「ICBM発射成功」 高度2800キロ、40分飛行 EEZ着水、日米韓を牽制

北ミサイル更新
朝鮮中央テレビが4日放映した、ICBM「火星14」発射実験の写真(共同) 1/13枚

 【ソウル=名村隆寛、ワシントン=加納宏幸】北朝鮮は4日午前、北西部の平安北道(ピョンアンプクト)亀城(クソン)市方●(パンヒョン)付近から日本海方向に向けて弾道ミサイル1発を発射。韓国軍合同参謀本部によれば飛行距離は930キロあまりで、日本政府は、ミサイルが約40分間飛行し、日本の排他的経済水域(EEZ)内に着水したとみられると発表した。北朝鮮メディアは同日、「特別重大報道」を発表し、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験に成功したと伝えた。

<< 下に続く >>

 北朝鮮の発表によると、ミサイルは「火星14」型で、金正恩(キム・ジョンウン)・朝鮮労働党委員長の立ち会うなか同日午前9時(日本時間同9時半)に発射された。ミサイルは933キロ飛行し高度は2802キロに達したという。

 米太平洋軍は「中距離弾道ミサイル」と発表したが、北朝鮮は「核兵器とともに、世界のどの地域も打撃できる最強のICBMを保有した堂々たる核強国として米国の核戦争威嚇・恐喝を根源的に終息させる」と強調した。

 北朝鮮による弾道ミサイル発射は今年10回目。北朝鮮はこれまでICBM「火星13」とその改良型「火星14」を開発してきたとされる。5月には中長距離と称する弾道ミサイル「火星12」や新型中距離ミサイル「北極星2」を相次ぎ発射し、その後、ICBM試射が迫っていると主張していた。

 北朝鮮をめぐっては先月末、トランプ米大統領と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が米韓同盟を再確認し、核やミサイル開発に対し共同で対処する方針を示したばかり。また、今週末にはドイツで20カ国・地域(G20)首脳会議が控え、日米韓首脳会談が行われる予定。

 今回のミサイル発射は、米韓に露骨に反発するとともに、3カ国での首脳会談を前に日米韓を強く牽制(けんせい)したかたちだ。

●=山へんに見

写真ギャラリー

  • 朝鮮中央テレビが4日放映した、ICBM「火星14」の発射実験に立ち会った金正恩朝鮮労働党委員長の写真(共同)
  • 朝鮮中央テレビが4日放映した、ICBM「火星14」の発射実験で手をたたく金正恩朝鮮労働党委員長の写真(共同)
  • 朝鮮中央テレビが4日放映した、ICBM「火星14」発射実験の写真(共同)
  • 朝鮮中央テレビが4日放映した、ICBM「火星14」発射実験の写真(共同)
  • 朝鮮中央テレビが4日放映した、ICBM「火星14」の発射実験に立ち会った金正恩朝鮮労働党委員長の写真(共同)
  • 朝鮮中央テレビが4日放映した、ICBM「火星14」の発射実験に立ち会った金正恩朝鮮労働党委員長の写真(共同)
  • 朝鮮中央テレビが4日放映した、ICBM「火星14」発射実験の写真(共同)
  • 朝鮮中央テレビが4日放映した、ICBM「火星14」発射実験の写真(共同)
  • 朝鮮中央テレビが4日放映した、ICBM「火星14」発射実験の写真(共同)
  • 朝鮮中央テレビが4日放映した、ICBM「火星14」発射実験の写真(共同)
  • 北朝鮮が「特別重大報道」として「大陸間弾道ミサイルの発射実験に初めて成功した」と報じた事を伝えるニュース映像=4日、東京・有楽町(寺河内美奈撮影)