産経ニュース for mobile

【朴槿恵初公判】朴被告、職業は「無職です」 起訴内容を全面否認 崔順実被告とは目を合わせず

記事詳細

朴被告、職業は「無職です」 起訴内容を全面否認 崔順実被告とは目を合わせず

朴槿恵初公判更新
23日、ソウル中央地裁の法廷で公判開始を待つ韓国の朴槿恵前大統領(共同) 2/2枚

 【ソウル=桜井紀雄】韓国でサムスンやロッテグループから巨額の賄賂を受け取ったとして、収賄などの罪に問われた前大統領、朴槿恵(パク・クネ)被告(65)の初公判が23日、ソウル中央地裁(金世潤=キム・セユン=裁判長)で始まった。弁護人は「推論と想像に基づく起訴で、共謀関係が立証されていない」と主張。朴被告も「弁護人の立場と同じです」と述べ、18件に上る起訴内容を全面的に否認した。

<< 下に続く >>

 今回の公判では、開廷前の撮影が許可された。紺のスーツ姿で入廷した朴被告は、被告人席に座ると、緊張した面持ちでじっと前を見すえた。後ろ髪を盛り上げるトレードマークの髪形は消え、黒いピンで簡単にまとめただけだった。

 金裁判長に職業を問われると、朴被告は「無職です」と答えた。言いたいことはないかとの質問には「後で申し上げます」と述べた。

 すぐ近くには、共犯に問われた友人の崔順実(チェ・スンシル)被告が座ったが、互いに目を合わせることはなかった。贈賄側として在宅起訴された韓国ロッテグループの重光昭夫(韓国名・辛東彬=シン・ドンピン)会長も出廷したが、崔被告とともに起訴内容を否認した。

 韓国で大統領経験者が刑事被告人として法廷に立つのは、1996年の盧泰愚(ノ・テウ)、全斗煥(チョン・ドゥファン)両氏以来。今後、地裁は週2、3回のペースで公判を開く予定。

 朴被告は、未遂分も含め、計約592億ウォン(約59億円)に上る賄賂を受け取った罪や、秘書官を通じて機密資料を崔被告に渡した罪などで起訴された。

写真ギャラリー

  •  23日、初公判のためソウル中央地裁に入る韓国の朴槿恵前大統領(共同)