産経ニュース for mobile

【シリア攻撃・動画付き】米軍、シリア軍施設を巡航ミサイル50発超で攻撃 ロシアに事前通告か

記事詳細

米軍、シリア軍施設を巡航ミサイル50発超で攻撃 ロシアに事前通告か

シリア攻撃・動画付き更新
地中海上の米軍駆逐艦からシリアに向けて発射された巡航ミサイル「トマホーク」(米海軍提供、AP) 1/8枚

 【ワシントン=加納宏幸、パームビーチ=黒瀬悦成】米軍は6日(米国時間)、シリアにあるアサド政権の空軍基地を巡航ミサイルで攻撃した。化学兵器の使用が疑われるアサド大統領への対抗措置。米CNNテレビが当局者の話として伝えたところによると、地中海に展開する2隻の米海軍駆逐艦から50発以上が発射された。

<< 下に続く >>

 トランプ米大統領は6日、滞在先の南部フロリダ州パームビーチで記者団に対し、アサド政権軍の飛行場への軍事攻撃を命じたと述べた上で、「化学兵器の拡散と使用を阻止し抑止することは、米国の安全保障にとり死活的に重要だ」と強調した。

 トランプ氏はまた、「アサド大統領の態度を変えさせようとする過去の試みは全て失敗し、そのせいで地域の不安定化が進んだ」と指摘。その上で国際社会に対し、「シリアでの流血を終わらせ、あらゆる形のテロを終結に導こう」と呼びかけた。

 NBCテレビによると、米軍の攻撃では、シリア中部ホムスにある空軍基地が標的となった。この基地は、化学兵器による空爆で使われたとみられている。

 米国はシリアでイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)掃討作戦を展開しているが、アサド政権を対象にした直接攻撃は初めて。

 トランプ氏は6日、ティラーソン国務長官、マティス国防長官らと対抗措置を協議。米艦船から巡航ミサイルを発射し、レーダー施設などアサド政権軍の防空システムを破壊する案が検討されていたという。

 米軍の攻撃に先立ち、ティラーソン氏は6日、ロシアに対してアサド政権への支援を見直すよう要求し、トランプ政権として対抗措置の検討に入ったと明らかにしていた。CNNテレビによると、米政府はロシア側に攻撃を事前に通告していた。

写真ギャラリー

  • 地中海上の米軍駆逐艦からシリアに向けて発射された巡航ミサイル「トマホーク」(米海軍提供、AP)
  • 地中海上の米軍駆逐艦からシリアに向けて発射された巡航ミサイル「トマホーク」(米海軍提供、AP)
  • 地中海上の米軍駆逐艦からシリアに向けて発射された巡航ミサイル「トマホーク」(米海軍提供、AP)
  • 地中海上の米軍駆逐艦からシリアに向けて発射された巡航ミサイル「トマホーク」(米海軍提供、AP)
  • 地中海上の米軍駆逐艦からシリアに向けて発射された巡航ミサイル「トマホーク」(米海軍提供、AP)
  • 米軍の巡航ミサイル「トマホーク」(ロイター)
  • シリアへの巡航ミサイル発射後に話すトランプ米大統領=6日、米フロリダ州パームビーチ(AP)