産経ニュース for mobile

ロシア・トルコがシリア空爆 イスラム国狙い共同作戦

記事詳細

ロシア・トルコがシリア空爆 イスラム国狙い共同作戦

更新

 ロシア通信によると、ロシア国防省は26日、シリア北部中心都市アレッポ近郊のバーブで、ロシアとトルコ両軍の軍用機が過激派組織「イスラム国」(IS)を標的に共同の空爆作戦を行ったと発表した。

<< 下に続く >>

 空爆はシリアのアサド政権の同意を得て実施し、IS戦闘員の軍事拠点や通信設備を破壊したとしている。ロシア軍は戦闘機スホイ35と爆撃機スホイ24、トルコ軍は戦闘機F16とF4を出撃させたという。

 両国軍は18日にシリアで初めて共同の空爆作戦を実施していた。(共同)

プッシュ通知