産経ニュース for mobile

【緊迫・南シナ海】「中国は日本に付き合っているひまはない」 安倍晋三首相を名指しで中国紙が論評

記事詳細

「中国は日本に付き合っているひまはない」 安倍晋三首相を名指しで中国紙が論評

緊迫・南シナ海更新

 中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は6日の社説で、杭州で5日行われた日中首脳会談を巡り日本側が報道発表で双方の意見の違いを強調したなどとして、日本側は「日中の指導者が会談する機会を大切にすべきだ」と非難した。

<< 下に続く >>

 社説は、20カ国・地域(G20)首脳会合の参加者の中で、公開の場で南シナ海問題の発言をしたのは安倍晋三首相が「最も多かった」とした。

 大国同士の首脳会談には通常、矛盾を解決し、お互いに善意を広げる効用があると指摘。「話をすればするほど状況が悪くなる」悪循環に陥るのであれば「中国は日本に付き合っているひまはない」とした。(共同)

プッシュ通知