産経ニュース for mobile

サントメ・プリンシペ大統領選で元首相が勝利 現職は決選投票ボイコット

記事詳細

サントメ・プリンシペ大統領選で元首相が勝利 現職は決選投票ボイコット

更新

 西アフリカの島しょ国サントメ・プリンシペで7日に大統領選の決選投票があり、選挙管理委員会は8日、カルバロ元首相が勝利したとの暫定結果を発表した。ロイター通信が伝えた。対立候補で現職のダコスタ氏は決選投票をボイコットすると表明していた。

<< 下に続く >>

 ダコスタ氏は7月に行われた第1回投票で、カルバロ氏に次いで2位になったが、投票で不正があったと主張し、決選投票をボイコットすると表明。第1回投票では、カルバロ氏が49・88%、ダコスタ氏が24・83%を得票した。

 サントメ・プリンシペはギニア湾にあるポルトガルの旧植民地で、人口約19万人。(共同)