産経ニュース for mobile

【ダッカ人質テロ】木原誠二外務副大臣がバングラ首相と会談 現場も視察「大変な無念のなか…」

記事詳細

木原誠二外務副大臣がバングラ首相と会談 現場も視察「大変な無念のなか…」

ダッカ人質テロ更新

 【ダッカ=吉村英輝】バングラデシュの首都ダッカで起きた飲食店襲撃テロで、現地入りした木原誠二外務副大臣は3日、犯行現場を視察し、「改めて強い憤りを感じた」と記者団に述べた。現場の状況を見た感想について「極めて厳しい状況だったことが容易に想定できた。7人が大変な無念のなかで亡くなったことを実感した」と語った。

<< 下に続く >>

 また、木原氏は同日、ハシナ首相と会談し、犠牲者について、「バングラデシュの発展のため、両国の友好のために仕事をしていた」と説明し、事件の理不尽さを訴えた。

 ハシナ氏からは、遺族や日本への哀悼の意が示され、犠牲者や家族への対応で万全を期すことと、日本政府へ捜査状況を迅速に提供することが約束されたという。

 木原氏は、事件の背後にイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)が存在するかどうかを問い合わせたが、ハシナ氏は、犯行の動機や組織は「把握しきれていない」と回答したという。一方、犯人の人数や人定についてはハシナ氏から説明を受けたとしたが、捜査上の秘密にかかわるとして、記者団には明らかにしなかった。

 木原氏は日本大使館に設けられた現地対策本部を統括し、遺族のサポートなどに当たる。木原氏はバングラデシュ入りする遺族らと面会し、これまでの経緯などについて説明する予定で、「その後の日程はご遺族の意向を細かく伺って決めたい」としている。

プッシュ通知