産経ニュース for mobile

北米最古の邦字紙経営危機、ロサンゼルスの「羅府新報」 1903年創刊、日系人社会の情報伝え続け

記事詳細

北米最古の邦字紙経営危機、ロサンゼルスの「羅府新報」 1903年創刊、日系人社会の情報伝え続け

更新

 現在も発行する中で北米最古の邦字紙「羅府新報」(カリフォルニア州ロサンゼルス)が5日までに、経営危機に陥っているとして窮状を訴える社告を出した。

<< 下に続く >>

 同紙はここ3年で75万ドル(約8300万円)の損失を出しており、今年の赤字予想額が35万ドルと公表。今年中に状況を改善できなければ12月に廃刊の可能性もあるとした。その上でオンライン購読の契約を呼び掛け、1万人に新たに契約を結んでもらえれば存続が可能としている。

 羅府新報は1903年創刊。第2次大戦中に一時休刊したが、日本語と英語のバイリンガル紙面で日系人社会の情報を伝え続けてきた。(共同)