産経ニュース for mobile

露反ドーピング機関幹部の死因は心臓発作 今月、元幹部の死亡者は2人目 ドーピング疑惑の渦中に

記事詳細

露反ドーピング機関幹部の死因は心臓発作 今月、元幹部の死亡者は2人目 ドーピング疑惑の渦中に

更新

 【モスクワ=黒川信雄】ロシアの反ドーピング機関(RUSADA)は15日までに、元最高幹部のニキータ・カマエフ氏が死亡たと発表した。52歳だった。死因は心臓発作とみられる。イタル・タス通信によるとカマエフ氏は14日、スキーをした後に心臓に痛みを感じ、救急車が駆けつけたが死亡したという。

<< 下に続く >>

 RUSADAをめぐっては今月3日にも、2008年から10年まで組織のトップを務めたビャチェスラフ・シニョフ氏が死亡したばかり。シニョフ氏の死因は明らかにされていない。地元メディアは「2週間で2人のRUSADA関係者が死亡した」と報じるなど、衝撃が広がっている。

 RUSADAは露陸上界をめぐる組織的なドーピング問題に関与したとして、世界反ドーピング機関(WADA)が昨年11月に「不適格組織」に認定し、カマエフ氏ら幹部は12月に総辞職していた。

 問題を受け露陸連は国際陸連から資格停止処分を受けており、ロシアの陸上選手は今年8月に開催されるリオデジャネイロ五輪への出場が危ぶまれている。WADAの第三者委員会は報告書で、ドーピング隠蔽にロシア連邦保安局(FSB)が関与していた可能性も指摘していた。

 カマエフ氏と同時に辞任した元幹部はタス通信に対し、「心臓に問題があるとは聞いていなかった」と指摘。ムトコ・スポーツ相も地元メディアに「健康だったとも聞いており、彼の死は予想外だった」と語っている。