産経ニュース for mobile

【抗日70年行事】「日本の戦犯を食べよう」 上海に「戦犯アイス」が登場、東条英機の顔を3Dで刻印

記事詳細

「日本の戦犯を食べよう」 上海に「戦犯アイス」が登場、東条英機の顔を3Dで刻印

抗日70年行事更新

 【上海=河崎真澄】中国の国有食品大手、光明食品が展開するアイスクリームチェーン「愛茜茜里(アイシーズン)」に、東条英機元首相の顔を3Dプリンターで彫った棒付きアイスが登場した。

<< 下に続く >>

 3日の「抗日戦争勝利70周年記念日」に便乗したキャンペーンで、「みんなで日本の戦犯を食べよう」などとPR。上海市内の店舗では50元(約950円)以上の商品を購入した客に1本プレゼントしていたが、インターネット上では、「食欲をなくす」といった声も聞かれた。