産経ニュース for mobile

英有力経済誌エコノミスト、伊投資会社が買収 英ピアソン「これで100%、世界的な教育事業に専念する」

記事詳細

英有力経済誌エコノミスト、伊投資会社が買収 英ピアソン「これで100%、世界的な教育事業に専念する」

更新

 【ロンドン=内藤泰朗】英教育・出版大手のピアソンは12日、英有力経済誌エコノミストの株式の50%に当たる持ち株をイタリアの投資会社エクソールに総額4億6900万ポンド(約910億円)で売却することで合意したと発表した。英BBC放送が同日伝えた。

<< 下に続く >>

 ピアソンは「これで100%、世界的な教育事業に専念することになる」との声明を発表した。同社は先月末、同じく保有していた英有力経済紙フィナンシャル・タイムズ(FT)を日本経済新聞社に売却すると発表していた。

 エクソールは、すでにエコノミストの株式4%を保有するほか、イタリアのテレビ局や新聞社などのメディアを保有している。同社は買収発表を受け、「長期的な株主となれることを喜んでいる」と語った。

 実際の買収完了は、今年末になるという。