PR

「ゲーム・オブ・スローンズ」で有名なダイアウルフ、その全ゲノム解読で判明した驚きの事実

PR

 ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」で知られるオオカミに似た動物・ダイアウルフ。そのゲノム配列が、このほどすべて解読された。約13,000年前に絶滅したダイアウルフは、論文によるとオオカミの近縁種ではなく、ほかのイヌ科の種とは大きく異なる「古代の血統の最後の生き残り」だったようだ。

TEXT BY ANGELA WATERCUTTER

WIRED(US)

(C)HBO/CAPITAL PICTURES/AMANAIMAGES
(C)HBO/CAPITAL PICTURES/AMANAIMAGES

ダイアウルフはイヌ科の王者であり、絶滅種でもある。読み間違いではない。そんなダイアウルフのゲノム配列が、ついに解読されたのである。科学誌『Nature』に1月13日付で掲載された新たな研究論文によると、そこからは驚くような事実が発見されたという。

まず大前提として、ダイアウルフが実在したことを意外に思う人もいることだろう。人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」でダイアウルフと並んで有名なドラゴンとは異なり、ダイアウルフはかつて北米大陸全体を歩き回っていた実在の生物なのだ。化石の発掘で知られるロサンジェルスのラ・ブレア・タールピットだけでも、4,000頭以上が見つかっている。

「カニス・ディルス」(「恐ろしい犬」の意)という学名がつけられたダイアウルフは約13,000年前に絶滅したが、長らくオオカミの近縁種であると考えられてきた。しかし論文によると、それはまったくの誤りだったようだ。

古代の血統の最後の生き残り

49人の研究者で構成された研究チームが化石化した5体をDNA分析した結果、ダイアウルフは600万年以上前にほかのオオカミ種から分かれたことがわかった。ダイアウルフを有名にした「ゲーム・オブ・スローンズ」にはびこる近親相姦とはまったく対照的に、ダイアウルフは交雑することさえできないくらいイヌ科のほかの種とは大きく異なっていたのである。

英国のダラム大学の考古学者で論文の筆頭著者であるアンジェラ・ペリーによると、これはそれまで知られていた情報をはるかに上回る大発見という。ダイアウルフは「常に南北アメリカ大陸の最終氷河期を代表する象徴的存在でしたが、いまでは『ゲーム・オブ・スローンズ』のおかげでポップカルチャーの象徴になりました」と、ペリーは言う。

しかし、ダイアウルフに関してわかっていたのは、骨と歯の大きさと形状から判断できる情報に限定されていた。ペリーは「ダイアウルフ初の古代ゲノム解析で、これまで考えられていたダイアウルフの歴史、特にオオカミとの近縁性は、実際には考えられていたよりもはるかに複雑なことが明らかになりました」と説明している。

今回の研究結果では、ダイアウルフが単なる巨大オオカミではなく、実際にはオオカミとは明確に異なるDNAをもっていたことが明らかになった。ダイアウルフとオオカミが類似する程度は、人間とチンパンジーが類似する程度と同じくらいだ。ペリーの共同主執筆者であるアデレード大学のキーレン・ミッチェルは、「ダイアウルフは現存するイヌ科の動物とは異なる古代の血統の最後の生き残りだったことが、すべてのデータから考えられます」と言う。

特異性ゆえの絶滅?

その特異性がダイアウルフの絶滅を招いたのかもしれない。オオカミとコヨーテは後期更新世をうまく生き延びた。その結果として環境や餌への適応範囲が広がった可能性があると考えられている(ダイアウルフが餌にしていた生き物がすべて滅んだとすれば、ダイアウルフも滅びるしかない)。

または、犬のような「ほかのイヌ科動物と交雑」し、その過程で新たな免疫力を獲得できたことで、オオカミやコヨーテが生き延びた可能性もある。なお、別の研究チームが2020年、家畜化された犬は約11,000年前にオオカミから分かれ、遺伝的に異なる5つの系統に分かれたことを発見している。おそらく人間が特定の性質を求めて品種改良した結果とみられている。

いずれにせよ、あなたがいまダイアウルフを飼えない理由は、環境への適応にかかわることだ。スターク家の一員ではないという事実とはまったく関係ないし、(ネタバレになるが)かつて「鉄の玉座」に君臨していた名家の後継ぎであることに気づくまでスターク家の一員として過ごしている私生児でないという事実とも、まったく関係ない。

あとはドロゴン、レイガル、ビセリオンの先祖に何が起きたのかについても、今後の調査で解き明かされることを願うとしよう。

この記事を共有する

おすすめ情報