PR

ミステリアスなものこそ美しい--イスタンブールのメディアアート・スタジオ「Ouchhh」が仕掛けるパブリック・エクスペリエンス

PR

 米航空宇宙局(NASA)や欧州原子核研究機構(CERN)とのコラボレーション作品を次々と発表し、いま世界が注目する最先端メディアアート・スタジオ「Ouchhh(アウチ)」。「アートと科学の根源はミステリアス」だという彼らがつくり出す人工知能(AI)を使用した作品は、世界の主要都市で展示されている。トルコ・イスタンブールを拠点にする彼らの活動についてOuchhhの創設者であるフェルディ・アリシに訊いた。

TEXT BY RIE NOGUCHI

IMAGE BY OUCHHH
IMAGE BY OUCHHH

10周年を迎えるイスタンブールのアートスタジオ

2020年に森美術館で開催された「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命--人は明日どう生きるのか」で、紀元前9600~7000年ころのトルコの遺跡「ギョベクリ・テペ(G?bekli Tepe)」の画像データを、GAN(敵対的生成ネットワーク)と人工知能(AI)アルゴリズムで学習させ、モノリスのスクリーンに表現した「DATAMONOLITH」。

この古代のデータと現在のAIがパブリックアートとして融合する実験的な作品を発表したのは、トルコ・イスタンブールのアートスタジオ「Ouchhh(アウチ)」だ。

Ouchhhの活動のコンセプトは、「The most beautiful thing we can experience is the mysterious.(ミステリアスなものこそ最も美しいものである)」。物理学者アルバート・アインシュタインが残した言葉だ。2020年で活動10周年を迎えるOuchhh Studio創設者でメディアアーティストであるフェルディ・アリシに、作品制作について訊いた。

--Ouchhhは活動10周年とのことですが、活動のスタートはどのようなものだったのでしょうか?

Ouchhhの初期メンバーは、みんな同じイスタンブールの大学のビジュアル・コミュニケーション・デザイン学部出身で、大学の恩師に影響を受けながらスタジオをスタートをしました。この10年間でスタジオは大きくなり、作品の規模も大きくなってきましたね。

現在チームは25名いて、エンジニア、学者、クリエイティブコーダー、デザイナー、メディアアーティスト、モーショングラフィックデザイナーなど、さまざまなジャンルの優秀なメンバーが集まっています。メンバーは“知識”こそが壮大なパブリック・エクスペリエンスを生み出すという共通のビジョンをもって活動しています。

--スタジオ名はOuchhhですが、これは英語の「ouch!」から?

あまり意味のありすぎる単語はイヤで。みんながある程度は知っていて、でも「具体的にどういう意味があるんだろう?」と思うような普遍的な名前を探していました。「アウチ」は英語の感嘆詞で、もちろん聞いたことはあるけれど、「なんだかよくわからないよね」と話していて。じゃあ、これにしようと(笑)。

--現在は、世界の主要都市で大規模なインスタレーション・アートを発表していますね。

そうですね。イスタンブールを拠点に、ロサンジェルス、ベルリン、ウィーン、ソウル、バルセロナなどで作品を発表しています。

ぼくたちはAIデータを使い、アートやサイエンス、テクノロジーをあらゆる分野と融合させ、作品に触れた人が新しいテクノロジーモデルを発見したり、未来の視点を可視化できるような没入型の体験ができるよう注力しています。建築、科学、アート、メディアアート、テクノロジー、AIの限界と思われているような地点の、さらにその先へ、既成の壁を壊して超えていきたいと思っているんです。

--スタジオ設立からの10年間のテクノロジーの進化をどのように感じていますか?

クリエイティブとビジネスというふたつの面で分析できると思います。

クリエイティブ面では、この10年の技術は100年分くらい発達したといえます。デバイスが増え、ソフトウェア、AIや技術などは日々進化し、ぼくたちはそれらをアートのなかにうまく取り込むことができていると思っています。

一方、10年前というとコンピューターで作品をつくることはまだオタク的な要素が強く、あまりビジネスにはなりませんでした。でもいまでは、ぼくたちのような活動はビジネスとして非常に大規模なものとなり、収益という面でも当時とは比べ物にならないほどに成長しました。

--大規模というと、2018年にパリで開催された「POETIC AI」は、観客動員数が100万人と、多くのパリ市民がOuchhhの作品に触れたということですよね。

「POETIC AI」は開催期間の9カ月で100万人の方がチケットを購入し、実際に会場に足を運んでくれました。この展示は、3,500平方メートルくらいのひとつのホールに146のプロジェクターを配置して作品を映し出すもので、AIを使った展示では世界最大規模のものです。

2018年の段階でこれだけの規模のインスタレーションが開催できた「POETIC AI」は、AIを使ったニューメディア分野におけるゲームチェンジャーのような展示だったと言えます。

--どのような仕組みの展示だったのでしょうか。

このアートは、約2,000万人の科学者が執筆した書籍、研究論文などを機械学習させていてます。PythonコーディングでつくったAIアルゴリズムで、TensorFlowを使用してAIが2,000万行のテキストを読み込み、新しい文章をレンダリングしています。

プロジェクターで映し出した線は、そのドットの一つひとつがAIがつくり出した2,000万のデータから抽出された単語です。その情報を可視化することで、まるで単語が星座や星のようにきらめくようなパターンを、AIを使って映し出しました。

この展示には、データの蓄積から、AIのアルゴリズムで詩的な落とし込みを生み出せるのか、という問いを込めています。

--ちなみに、スタジオ設立当初から、こういった最先端技術を使った作品をつくりたいと考えていたのでしょうか。

10年前、同じことが技術的にできたかと聞かれれば、はっきりと「できなかった」と言えます。この10年で「できること」がこれだけ進化していることもあるし、実際に作品をつくりながらも、当初はランダムに文章、単語などを並べるだけで、意味のあるものができるとは考えていませんでした。それでも、AIが意味のある文章をつくりあげてくれて、その進化のスピードにぼくたちも驚かされました。

--作品づくりで難しい点はどんなところでしょうか。

そうですね。例えば1998年に、ミュージシャンが演奏しているときの脳波をビジュアル化する「SAY SUPERSTRINGS」というプロジェクトを実施しましたが、当初は脳波を計るデバイスはどれも高価なうえにまったく手に入らなくて苦労しました。

その後、米国で安価に脳波を測定できる装置が開発されて、ようやくこのプロジェクトを遂行できたという背景があります。

テクノロジーを使った作品づくりは、アイデアはあるものの、表現するために必要なデバイスの性能や価格の折り合いがつかないという難しさもあります。

Ouchhhが仕掛けるシークレットメッセージ

--Ouchhhが作品に込めるメッセージとはどのようなものでしょうか。

ぼくたちがプロジェクトをスタートさせるときは「大きな問い」を立てます。わかりやすいメッセージを全面に打ち出していくのではなく、作品に触れた方々がアートの中に隠されたメッセージを探して、深いところでそれを感じ取ってほしいと考えています。

ぼくたちはそういう“メッセージを探すような体験”をつくり、アートで感動を与え、日常生活をより豊かにしていきたいのです。

--2019年に森美術館で展示された「DATAMONOLITH」は、世界最古の古代のメッセージと最新のAIデータの融合という斬新な展示でした。

森美術館の展示では、石器時代よりも約7,000年古い世界最古の遺跡「ギョベクリ・テペ(G?bekli Tepe)」のデータを集め、ソフトウェアを作成し、地形データなどの場所に関するあらゆる情報をもとにビジュアルを作成しました。そしてGANを用いて約30億ピクセルの学習させました。

ぼくたちはそのデータでAIを訓練し、データスカルプチャーを作成してデジタルの「モノリス」をつくりました。数千年前、石のモノリスの上に絵を描いていた人がいて、その数千年後に、その絵から学習したアルゴリズムがデジタルのモノリスに新しい絵を描く。この作品によって、古代の人々の隠れたメッセージと、異なる時空間の壮大なつながりを経験することができるのです。

AIは赤ん坊みたいなもの

--AIのつくるものから刺激を受けるようなこともありますか?

AIを使って仕事をしていると、毎回、何が生まれてくるのかドキドキします。

AIは、「こういうふうにやりなさい」「こういうアルゴリズムを使って、こういうものをつくりなさい」と、コンピューターに教えてあげなければなりません。教えることで、初めて何らかのアウトプットがあるわけです。

だから同じデータを教えれば、同じパターンのものしか出てこない。だから期待と違うものが出てきてしまったら、それは入力の仕方を変えなくてはいけないということです。

--確かにAIが教えたこと以外のことをしたら、それは「エラー」ということですよね。作品をつくるという点では、たくさんのバリエーション豊かなデータを読み込ませる必要があるということでしょうか。

そうですね。例えば「POETIC AI」は書籍をベースにしていますが、AIに同じようなことをさせていても同じようなものしか生まなくなってしまう。

AIはいわば赤ん坊みたいなものなので、こちらがちゃんと食べ物を食べさせてあげなければならないんですね。

AIがどんなものをつくるかわからないという「期待を裏切る」ようなものをつくりたいときは、いろいろなものを食べさせてあげなければならない。そういったちょっとした楽しさが、AIを使ったものづくりにはあるんです。

--ありがとうございます。最後に、今後どのような作品づくりをしていくのか教えてください。

ぼくは子どものころに見た80年代、90年代のミステリアスな文学や映画から影響を受けていて、好きだったのはSFのテレビシリーズで映画にもなった『スターゲイト』です。

次の作品は、ポータルの先に未知の世界があるという『スターゲイト』にインスピレーションを受けていて、ブラックホールのデータを使ってポータルの先に“神秘”を探せないかというメッセージを込めようと思っています。ぼくたちはいつも“ハイブリッド”な異次元を発見したいと考えています。だからこそ作品づくりにおいて「ミステリー」を大事にしたいのです。

アウチ-Ouchhh

 アート、サイエンス、テクノロジーの枠を超えた専門知識を備えた数多くの受賞歴のあるクリエイティヴニューメディアスタジオ。作品制作におけるモットーは「絵の具としてのAIデータ、筆としてのアルゴリズム(AI data as a paint, algorithm as a brush)」。カラーズクリエーション所属クリエイター。

この記事を共有する

おすすめ情報