PR

日本アニメの「メジャー化」宣言、Netflixが挑むアニメ産業の“再生”の道筋

PR

 いま、世界で1億以上ものNetflixユーザーがアニメ作品を再生している。ハリウッド作品と並んで、日本発のNetflixアニメが世界各国で総合トップ10入りを次々に果たしているのだ。アニメのメジャー化を目指す--。そんな旗印の下に同社アニメ専門チームを率いるのが、チーフプロデューサーの櫻井大樹である。彼のミッションはヒット作を生み出すことだけではない。日本のアニメ産業の“再生”だ。

TEXT BY TOMOKO HASEGAWA

日米合作のNetflixオリジナルアニメ『パシフィック・リム: 暗黒の大陸』のワンシーン。IMAGE BY NETFLIX
日米合作のNetflixオリジナルアニメ『パシフィック・リム: 暗黒の大陸』のワンシーン。IMAGE BY NETFLIX

アニメとはニッチなコンテンツである--。そんな概念を覆す数字がある。世界に約2億近くいる全世界のNetflixユーザーのうち、この1年で約半分がアニメ作品を再生するようになっているのだ。

この比率は増加傾向にあり、対前年対で50%増と右肩上がりになっている。アジアでは台湾やタイ、欧州ではフランスとイタリア、ラテンアメリカではペルーとチリをはじめ、100の国や地域で日本のアニメ作品が上位を占めるなど人気ぶりが顕著だ。そして約500万のNetflix有料会員がいる日本では、会員の約2分の1がアニメ作品を1カ月に5時間以上再生する。

日本発のNetflixアニメは2016年に『BLAME!(ブラム)』を発表して以降、作品数もバラエティも徐々に広がっている。これが再生数を増やしているひとつの理由だ。

ネットフリックスのアニメ専門クリエイティブチームのトップであるチーフプロデューサーの櫻井大樹は、この好調ぶりについて次のように説明する。「これまではアクション、SF、ファンタジーにジャンルが偏っていたことは事実です。それがいま変化しつつあるのは、「斉木楠雄のΨ難 Ψ始動編」が日本だけでなく海外でも大ヒットするなど、日常を舞台にしたコメディ作品も結果を出していることが大きいと思います」

“カルフォルニアロール”としての日本アニメ

こうした流れを受けてネットフリックスは、日本法人が20年10月27日に開催したアニメフェスで“メジャー化”の流れをくんだ16作品を発表した。世界ヒットを狙う作品群には、シリーズ累計1億本を超えるゲーム原作のCGアニメ化作品『バイオハザード: インフィニット ダークネス』(2021年全世界独占配信)や、日米合作超大作の『パシフィック・リム: 暗黒の大陸』(同)、SFファンタジーの完全オリジナルストーリーアニメ『エデン』(2021年5月全世界独占配信)などが並ぶ。また、日本のカルチャーのなかで生まれたドメスティックな笑いを追求した任侠コメディ漫画原作の『極主夫道』(2021年全世界独占配信)なども揃えた。

編成の幅を広げる必要性についてネットフリックスの櫻井は、アニメを「寿司」にたとえながら次のように説明する。

「わたしが幼少期を過ごしたロンドンに、当時は寿司屋が1軒もありませんでした。そんなものは『まずいに決まっている』と思われていたからです。ところが、カルフォルニアロールによって世界的に寿司が認知され、すそ野が広がった。ですから、世界のお客さんも同時に満足させるカルフォルニアロールのようなタイトルも揃える必要があります。伝統的な江戸前も出すし、カルフォルニアロールも出す。これによって、いまアニメが一般的な“食べもの”になっているのです」

カルフォルニアロールのような作品を具体的に挙げると、『悪魔城ドラキュラ -キャッスルバニア-』や『ゼウスの血』だという。日本のアニメファンからは「これってアニメなんだろうか?」と思われている節もあるが、世界的には受けている。

慎重だった歩み

ネットフリックスは「アニメのメジャー化」を宣言するまで、これまで石橋を叩くような慎重さで歩んできた印象を受ける。期間にして東京オフィスの立ち上げから5年、アニメ専門クリエイティブチームの発足からは3年半だ。

しかも、アニメチームは当初は櫻井ひとりだけで、櫻井がネットフリックスに入社すると同時に部門が立ち上がった。それも現在は11人に増え、櫻井の古巣でもあるプロダクションI.Gをはじめ業務提携先も拡大している。

まだ大規模編成の組織とは言えないが、東京のアニメチームに課せられている役割は大きい。「毎日のように世界中のアニメ関係者から連絡が入るんです」と、櫻井は言う。

世界各地に拠点があるネットフリックスだが、アニメーションを扱うチームはロサンジェルスを拠点にしたアダルトアニメーションとファミリー向けアニメーションの部門、そして東京を拠点にしたアニメの3つだけ。いわゆる「カートゥーン」を除くアニメは、すべて東京に集約しているのだ。

「日本はクリエイティブの層が厚いんです。国内だけで脚本から絵コンテ、演出、作画、撮影、CGまで、製作過程のすべてをトータルでまかなえる唯一の国なんです」。そう話す櫻井の言葉からは、日本が世界のアニメ産業を背負っているという自負がうかがえる。

日本のクリエイターの意識が変化した理由

だが、意外にも櫻井自身が感じている最も大きな変化は、日本のクリエイターの意識にあるという。「どんな作品がいま世界で観られているのか? 世界に向けてどういう作品をつくるべきか? そんな質問を投げかけてもらえることに驚きました。これまでそんな会話はありませんでしたから。海外に自分の名前を残したいという意識も強まっています」

意識の変化が起きている背景には、Netflixで配信されることによって、ひとっ飛びで世界の視聴者に届けられる環境がつくられたことが大きい。物理的に長いプロセスを踏むことなく、世界展開の距離が縮まったのだ。

これによって必ずしも日本市場だけに目を向ける必要もなくなった。今回のアニメフェスで製作発表された人気漫画家ヤマザキマリ原作の『テルマエ・ロマエ ノバエ』も、その一例だろう。原作にはないNetflix書下ろしのエピソードがあるのは、「日本で漫画化するプロセスを踏む必要がないからです」と、櫻井は説明する。

「極端な話、主人公を必ず日本人にする必要性はないのです。テルマエは数少ない例だと思いますが、これまでクリエイターが描きたいことを描くチャンスがつくられていなかったのではないでしょうか」。つまり、クリエイティブの自由度を上げたことによって、意識の変化が起きているのである。

日本のブランド力に危機感

盤石なクリエイティブの製作環境とクリエイターの意識の変化によって、日本アニメへの期待がますます高まる。そう言い切りたいところだが、他国におけるアニメのクリエイティブ技術は目まぐるしく向上しており、日本のアニメ業界にとって脅威に感じられるようになってきた。櫻井も、この点には同意する。

「日本のアニメに対する信仰そのものが根強く、“本家本元”としてのブランドに頼りがちなところがあります。手離しでほめたい気持ちもありますが、技術は確実に世界に伝播されています。正直なところ、作品によっては台湾のスタジオでつくったほうがいいのではないかと思うときもあります」と櫻井は語り、なんとも板挟みのような心の内を明かす。「なるべくお世話になってきた日本のスタジオと条件の高い作品を一緒につくりたいと思いますが、日本のスタジオも変わっていかなければなりません」

直面している悩みは、ほかにもある。需要に供給が追いついていないのだ。人材不足がその背景にはある。なかでも若手の人材が集まりにくいことに櫻井は危機感をもっている。

「いま、10代のクリエイター予備軍はアニメ業界に対して不安に思っているように思えます。ゲーム業界のほうが魅力的に映っているのかもしれなません。アニメにもゲームにもいつでも移ることができるような流動性がある人材に育てていけば、クリエイターの安心感につながっていくと思っています」

いま日本のアニメ業界がやるべきこと

アニメ業界を経済的に安定させていくこともミッションのひとつとして、具体的な取り組みを始めている。仏アニメーションアカデミーのゴブラン校との提携が、そのひとつだ。1年間の期間限定でゴブランの卒業生がネットフリックスの東京オフィスに籍を置き、日本のアニメ業界を学ぶ場を設けるというシステムである。逆に日本に住むクリエイター予備軍が海外で学ぶ場を提供することも検討しているという。

だが、ここにも壁がある。「日本の大学や専門学校など実際に訪れて声をかけましたが、『英語がしゃべれないからあきらめる』としり込みしがちなんです。歯がゆく感じます」と、櫻井の悩みは尽きない。

だからこそ、櫻井は考えている。この状況を突破する鍵は、世界的にどれだけアニメのメジャー化が浸透していくかにかかっているのではないか--。

その先に意識の変化が広がっていくことも十分にありうる。櫻井の目には、日本のアニメが優位に立っているうちにやるべきことのリストが、明確に映っているのだ。

この記事を共有する

おすすめ情報